FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆有料職業紹介事業者に対する「事業停止命令及び業務改善命令」佐賀労働局

 この度、佐賀労働局は、『職業安定法』の規定に違反した下記の有料職業紹介事業者に対して、「有料職業紹介事業停止命令」及び「有料職業紹介業務改善命令」を発令(2018年3月20日付)しました。詳細は、下記をご参照ください。
1.【被処分事業者】
 【氏名】 本村ユキ子
 【事業所名称】 美鈴会(みすずかい)
 【事業所所在地】 佐賀県嬉野市
 【許可番号】 41-ユー300019
 【許可年月日】 2009年11月1日
2.【処分内容】
 ・有料職業紹介事業停止命令(職業安定法第32条の9第2項)
 ・有料職業紹介業務改善命令(職業安定法第48条の3第1項)
3.【処分理由】
 前掲の被処分事業者である有料職業紹介事業者は、職業紹介に際し、約1年8カ月間に亘り、『職業安定法』に規定する「労働条件」を明示せず、また、同法の規定を超える額の「手数料」を求職者から徴収し、更に、有料職業紹介事業の「業務内容」に関し、予め求人者及び求職者に対して知らせることが適当であるものとして厚生労働省令で定める事項を明示せず、『職業安定法』の規定に違反したことによる。
4.【有料職業紹介事業停止命令の内容】
 ・平成30年3月21 日から平成30年4月20日までの間、有料職業紹介事業を停止すること。
5.【有料職業紹介業務改善命令の内容】
 ・省略
【ご参照】
◆『派遣法違反(行政処分一覧):厚生労働省(労働局)』
 URL http://newshaken.blog.fc2.com/
◆派遣&請負の情報サイト
 URL http://www.jsbb.jp

スポンサーサイト

◆特定派遣元事業主に対する「労働者派遣事業停止命令及び同事業改善命令」大阪労働局

 この度、大阪労働局は、下記の特定派遣元事業主に対し、「労働者派遣事業停止命令及び同事業改善命令(2018年3月1日付)」を発令しました。
 当該「事業主」に対する処分事由は、『労働者派遣法』第4条第1項第3号(※下記【ご参照】)に規定する適用除外業務(禁止業務)のひとつである「警備業務」に、約7年間に亘って労働者派遣事業を行っていたことに由ります。尚、詳細は、下記をご参照ください。
1.【被処分特定派遣元事業主】
●東宝ビル管理株式会社
 代表取締役 松本 雅文(所在地:大阪市北区)
 届出受理番号:特27-020081(届出受理年月日:昭和61年9月1日)
2.【処分内容】
 ・労働者派遣事業停止命令(『改正労働者派遣法』附則第6条第5項)
 ・労働者派遣事業改善命令(『労働者派遣法』第49条第1項)
3.【処分理由】
 上記「東宝ビル管理株式会社」は、大阪市北区に本社を置く特定労働者派遣事業主で、「法人A」と業務内容を「受付及び駐車場管理」とする労働者派遣契約を締結し、少なくとも平成23年1月1日から平成29年10月31 日までの間、『警備業法』第2条第1項第1号及び第2号に掲げる警備業務について、延べ4,785人日の労働者派遣事業を行ったことにより、『労働者派遣法』第4条第1項第3号に違反したことによる。
4.【労働者派遣事業停止命令の内容】
 ・平成30年3月2日から平成30年5月1日までの間、労働者派遣事業を停止すること。
5.改善命令内容は、略。
【ご参照】
●『労働者派遣法』
第4条 
 第1項 何人も、次の各号のいずれかに該当する業務について、労働者派遣事業を行つてはならない。
  第3号 警備業法(昭和47年法律第117号)第2条第1項各号に掲げる業務その他その業務の実施の適正を確保するためには業として行う労働者派遣(次節並びに第23条第2項、第4項及び第5項において単に「労働者派遣」という。)により派遣労働者に従事させることが適当でないと認められる業務として政令で定める業務
◆『派遣法違反(行政処分一覧):厚生労働省(労働局)』
 URL http://newshaken.blog.fc2.com/
◆派遣&請負の情報サイト
 URL  http://www.jsbb.jp/

タイトル一覧

プロフィール

人事総務部

Author:人事総務部
2015年の派遣法改正を控え、厚生労働省の動きが活発になっています。厚生労働省(労働局)の行政処分(派遣法違反)の事例を正しく理解していただき、派遣先企業や人材派遣会社の“コンプライアンス(法令遵守)向上”に活かしていただければ幸いです。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。