FC2ブログ

技能実習計画の認定が取り消されました

この度、出入国在留管理庁と厚生労働省は、令和元年11月15日付で、阿波スピンドル株式会社、かね七株式会社、有限会社キノテック、小池孝昌、株式会社志田産業、鈴木秀男、有限会社ティー・ワイ・プロダクツに対し、技能実習計画の認定の取消しを通知しました。詳細は、下記のとおりです。

<技能実習計画の認定の取消しの内容>
1 技能実習計画の認定の取消しを行った実習実施者
 (1)阿波スピンドル株式会社(代表取締役 木村 雅彦)
 (2)かね七株式会社(代表取締役 石黒 広一)
 (3)有限会社キノテック(代表取締役 田中 救雄)
 (4)小池孝昌(代表者 小池 孝昌)
 (5)株式会社志田産業(代表取締役 志田 隆)
 (6)鈴木秀男(代表者 鈴木 秀男)
 (7)有限会社ティー・ワイ・プロダクツ(代表取締役 堀内 保典)

2 処分内容
 [1(1)、(7)に対する処分内容]
 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号。以下「技能実習法」という。)第16条第1項第3号及び第7号の規定に基づき、令和元年11月15日をもって技能実習計画の認定を取り消すこと。

 [1(3)、(5)、(6)に対する処分内容]
 技能実習法第16条第1項第3号の規定に基づき、令和元年11月15日をもって技能実習計画の認定を取り消すこと。

 [1(2)、(4)に対する処分内容]
技能実習法第16条第1項第1号及び第5号の規定に基づき、令和元年11月15日をもって技能実習計画の認定を取り消すこと。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07741.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

タイトル一覧

プロフィール

人事総務部

Author:人事総務部
2015年の派遣法改正を控え、厚生労働省の動きが活発になっています。厚生労働省(労働局)の行政処分(派遣法違反)の事例を正しく理解していただき、派遣先企業や人材派遣会社の“コンプライアンス(法令遵守)向上”に活かしていただければ幸いです。

検索フォーム

QRコード

QR