FC2ブログ

「特定労働者派遣事業の事業廃止」命令(平成27年3月19日付:厚生労働省)

 この度、厚生労働省は、下記の特定労働者派遣事業主に対し、「特定労働者派遣事業の事業廃止(平成27年3月19日付)」を命じました。処分事由は、労働者派遣法(第6条第1号)に規定する「許可の欠格事由」に該当することとなったからです。詳細は、下記をご参照ください。
(1)【被処分特定派遣元事業主】
 ●エムズ・コーポレーション
 ・特定派遣元事業主:三品 喜照 (所在地:岐阜県岐阜市)
 ・届出番号:特21-300332 (届出受理年月日:平成19年5月7日)
(2)【処分内容】
 ●特定労働者派遣事業の廃止(派遣法第21条第1項)・・・平成27年3月19日付
(3)【処分理由】
 特定派遣元事業主の三品喜照は、「出入国管理及び難民認定法違反」により、平成26年9月25日に「懲役1年6月、執行猶予3年の刑」が確定した。このため、労働者派遣法第6条第1号に規定する欠格事由に該当することとなった。
(4)詳細は、下記URLをご参照ください。
 URL http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11654000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu-Jukyuchouseijigyouka/0000027011_9.pdf
【ご参照】
★派遣&請負の情報サイト『人事総務部ブログ』
 URL http://www.jsbb.jp/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

タイトル一覧

プロフィール

人事総務部

Author:人事総務部
2015年の派遣法改正を控え、厚生労働省の動きが活発になっています。厚生労働省(労働局)の行政処分(派遣法違反)の事例を正しく理解していただき、派遣先企業や人材派遣会社の“コンプライアンス(法令遵守)向上”に活かしていただければ幸いです。

検索フォーム

QRコード

QR