有料職業紹介事業者に対する「有料職業紹介事業停止命令」東京労働局

 この度、東京労働局は、『職業安定法』に違反し、有料職業紹介事業の停止を命ぜられたにもかかわらず、事業停止命令期間中に有料職業紹介事業を行った有料職業紹介事業を営む事業者に対し、2016年11月28日付で“再度の事業停止”を命じました。詳細は、下記をご参照ください。
1.【被処分事業者】
 ●株式会社ビジネス・プラスワン
  代表取締役 安部 数敏 (会社所在地:東京都豊島区)
  ・許可番号:13-ユ--302590 (許可年月日:平成19年10月1日)
2.【処分内容】
 ●職業安定法第32条の9第2項に基づく有料職業紹介事業停止命令
3.【処分理由】
 株式会社ビジネス・プラスワンは、平成27年5月15日に、東京労働局長から、平成27年5月16日から同年6月15日までの間、有料職業紹介事業を停止することを命じられたにもかかわらず、平成27年5月29日、人材を求めていた企業との間で、求職者を紹介するという内容の契約を締結し、さらに有料職業紹介事業の停止を命じられた期間中に当該企業に対し、求職者のリストを送付する等により有料職業紹介事業を行ったこと。
4.【有料職業紹介事業停止命令の内容】
 ・平成28年11月29日から平成29年1月28日までの間、有料職業紹介事業を停止すること。
【ご参照】
◆『職業安定法』(抄)
(許可の取消し等)
第32条の9 厚生労働大臣は、有料職業紹介事業者が次の各号のいずれかに該当するときは、第30条第1項の許可を取り消すことができる。
  1 第32条各号(第3号を除く。)のいずれかに該当しているとき。
  2 この法律若しくは労働者派遣法(第3章第4節の規定を除く。)の規定又はこれらの規定に基づく命令若しくは処分に違反したとき。
  3 第32条の5第1項の規定により付された許可の条件に違反したとき。
 2 厚生労働大臣は、有料職業紹介事業者が前項第二号又は第三号に該当するときは、期間を定めて当該有料の職業紹介事業の全部又は一部の停止を命ずることができる。
★『派遣法違反(行政処分一覧):厚生労働省(労働局)』
 URL http://newshaken.blog.fc2.com/
◆派遣&請負の情報サイト『人事総務部ブログ』
 URL  http://www.jsbb.jp/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

タイトル一覧

プロフィール

人事総務部

Author:人事総務部
2015年の派遣法改正を控え、厚生労働省の動きが活発になっています。厚生労働省(労働局)の行政処分(派遣法違反)の事例を正しく理解していただき、派遣先企業や人材派遣会社の“コンプライアンス(法令遵守)向上”に活かしていただければ幸いです。

検索フォーム

QRコード

QR